宮城県の電波状況

更新日:2017/05/30

宮城県のWiFiサービスエリア

仙台市周辺を中心に大きく使用可能エリアが広がっています。山形県との県境の山間部はエリア外。

宮城県の対応エリアは、仙台市はほぼ全域がカバーされておりますが、北部や沿岸部は使用可能エリアがまばらです。沿岸部では石巻や気仙沼などの都市部では使用可能です。


宮城県の使用可能エリア(抜粋)

仙台市青葉区の一部、仙台市宮城野区、仙台市若林区、仙台市太白区の一部、仙台市泉区の一部、石巻市の一部、塩竈市、気仙沼市の一部、白石市の一部、名取市の一部、角田市の一部、多賀城市、岩沼市の一部、登米市の一部、栗原市の一部、東松島市の一部、大崎市の一部

宮城県のY!mobile対応エリア

Y!mobileの宮城県での通信可能エリアは、仙台市がメインです。国道4号線の周辺も通信可能エリアが広がっていますが、北部に行くにつれてエリア外の地域が増えていきます。沿岸部も一部の場所を除いてほとんどエリア外です。

詳しいエリア検索はこちら
http://www.ymobile.jp/area/select.html?use_service=4g17&device_name=POCKET&service=4g17

宮城県のWiMAX対応エリア

WiMAXの宮城県での通信可能エリアは、Y!mobileとほとんど同じです。Y!mobileと比べて、石巻から気仙沼までの海岸線が一部使用できるようです。山間部はほとんどエリア外です。

詳しいエリア検索はこちら
http://www.uqwimax.jp/signup/area/

宮城県のSoftbnak対応エリア

Softbankの宮城県での通信エリアは、Y!mobileとWiMAXに比べ、かなり広い地域で使用可能です。Y!mobileとWiMAXでは完全にエリア外であった牝鹿半島でも、Softbankでしたら使用可能です。しかしながら山形県との県境である山間部はSoftbankもエリア外です。(県道が走っているエリアは使用可能です。)
宮城県でWiFiルーターをレンタルするのであれば、SoftbankのWiFiルーターがオススメです。
詳しいエリア検索はこちら
http://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/?pref=13&device_type=303zt

宮城県のオススメWiFiレンタルショップ

宮城県でWiFiルーターをレンタルする際に、おすすめのショップは WiFiレンタル屋さん です。

宮城県の都市部全域で利用できるSoftbankのWiFiルーターをレンタルしています。
レンタル料金が安く、返却も同封されているレターパックに入れてポストに投函するだけでいいのでとても便利です。
宮城県なら午後5時までの注文で最短で翌日午前中に届きます。ホームページからお申込みできます。



現在の人気ランキング

1位

WiFiレンタル屋さん

2位

auWiFiレンタル店

3位

WiFi長期レンタル館

4位

JALエービーシー

5位

ソフトバンクWiFiレンタル店

サイドバナー

WiFiレンタルの注意点[通信容量]

レンタル会社、レンタル機種によって、使用できる通信容量が異なります。ご自身でどれくらい通信量を使用するか考えてからご注文したほうがいいでしょう。
実際にどれくらい通信量を使用するかどうかわからない場合、目安となるのは、動画(youtubeなど)の視聴時間です。動画を1時間見るとだいたい1GBの通信量を使用すると考えてください。(実際には、動画の解像度やサイズによって異なるのであくまで目安です。) メールやWEBサイトを閲覧は、気にするほどの通信容量は使用しません。

レンタル機種による通信量の違いは、各レンタル会社のホームページで確認してください。

WiFiレンタルの注意点[通信エリア]

レンタルする機種によって使用できるエリアが異なります。都市部はどの機種でもエリア内ですが、山間部や離島部に行くと通信可能な機種と通信不可能な機種があります。
旅行や出張などで様々な場所を訪れる予定がある場合、エリアマップで確認してから注文したほうがいいでしょう。

Y!mobile通信可能エリア
WiMAX通信可能エリア
ソフトバンク通信可能エリア

WiFiレンタルの注意点[レンタル期間]

レンタル期間は基本的に1日単位で計算となります。レンタル会社によっては、長期間のレンタルになるとお得なパック料金が適用になるので、レンタル期間はあらかじめ、決めておいたほうがいいでしょう。
あとから延長も可能ですが、その場合お得なパックが使えなくなってしまいます。

人気WiFiルーター記事

一時帰国の方にWiFiレンタルが大人気

FreeWiFiをおすすめできない3つの理由