一時帰国の方にWiFiレンタルが人気の理由

更新日:2018/2/15

一時帰国の方に大人気の理由

最終更新日時 2017/5/7


一時帰国者の方に、「非常に助かる」「なくてはならない存在」と、重宝されているのがWiFiのレンタルです。なぜそこまで、一時帰国の方に必要とされているのでしょうか。

このコラムでは、その理由を説明します。


現代では、多様な人たちがそれぞれの理由で、WiFiルーターをレンタルしていますが、普段は日本国外に住んでいるけど時々日本に戻ってくるという方には、WiFiレンタルは一時帰国時の『必需品』となっています。

その理由は、WiFiをレンタルすると、[海外で使用しているスマートフォンやPCでインターネットを使えるから]です。


普通、海外に住んでいる方は、スマートフォンもインターネット回線も海外で契約していると思います。

たまに日本に戻ってきた時に、スマートフォンやPCでインターネットをしようにも日本では契約が無いのでインターネットが使用できません。

いわゆる白ロム(=契約を解除したためインターネットを利用できないけれど、電源を入れて操作ができる端末)と同じような状態です。


海外で契約しているインターネットの固定回線は、当然のことながら使えません。

スマートフォンを国際ローミング可能なように契約してあっても、通常は高額な料金がかかるため、非常用でしか使わないケースが一般的です。

一昔前は、そんな時はインターネットカフェが、旅先での連絡手段として一般的でしたよね。

でも今は、わざわざインターネットカフェに出向く必要などありません。

インターネットの無い状態での一時帰国でも、WiFiルーターをレンタルすれば、帰国時に海外製のスマートフォンを1台持ってくれば大丈夫なんです。

WiFiルーターとお手持ちのスマートフォンやPCに繋いですぐにインターネットができるようになります。

必要日数だけレンタルしておいて、解約手数料もなく、WiFiルーターを返却するだけ。とても手軽で便利ですよね。


レンタル会社によっては、事務手数料、通信料など一切かからず、本当に使った日数と送料だけでレンタルできるところもあります。


WiFiレンタルの他にも、日本でインターネットをする方法はありますが、一番安くて、一番手軽なのは、WiFiレンタルです。

そのため、一時帰国者の間でWiFiのレンタルが『必需品』と呼ばれているのです。


現在の人気ランキング

1位

WiFiレンタル屋さん

2位

auWiFiレンタル店

3位

WiFi長期レンタル館

4位

JALエービーシー

5位

ソフトバンクWiFiレンタル店

サイドバナー

WiFiレンタルの注意点[通信容量]

レンタル会社、レンタル機種によって、使用できる通信容量が異なります。ご自身でどれくらい通信量を使用するか考えてからご注文したほうがいいでしょう。
実際にどれくらい通信量を使用するかどうかわからない場合、目安となるのは、動画(youtubeなど)の視聴時間です。動画を1時間見るとだいたい1GBの通信量を使用すると考えてください。(実際には、動画の解像度やサイズによって異なるのであくまで目安です。) メールやWEBサイトを閲覧は、気にするほどの通信容量は使用しません。

レンタル機種による通信量の違いは、各レンタル会社のホームページで確認してください。

WiFiレンタルの注意点[通信エリア]

レンタルする機種によって使用できるエリアが異なります。都市部はどの機種でもエリア内ですが、山間部や離島部に行くと通信可能な機種と通信不可能な機種があります。
旅行や出張などで様々な場所を訪れる予定がある場合、エリアマップで確認してから注文したほうがいいでしょう。

Y!mobile通信可能エリア
WiMAX通信可能エリア
ソフトバンク通信可能エリア

WiFiレンタルの注意点[レンタル期間]

レンタル期間は基本的に1日単位で計算となります。レンタル会社によっては、長期間のレンタルになるとお得なパック料金が適用になるので、レンタル期間はあらかじめ、決めておいたほうがいいでしょう。
あとから延長も可能ですが、その場合お得なパックが使えなくなってしまいます。

人気WiFiルーター記事

一時帰国の方にWiFiレンタルが大人気

FreeWiFiをおすすめできない3つの理由